FC2ブログ
<<04  2020/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
息子の選択
4月になり、高校生になった息子。

片道1時間かけての自転車通学もようやく慣れたようです。
って言っても、疲れちゃって授業中寝ちゃうらしい。。。
中学の時は授業中しゃべってて怒られたけど、今は居眠りで怒られるって

一発目のテストの結果はちょうど真ん中くらい。まぁ、予想通りかな(笑)



さて、小中とサッカーを続けてきた息子。
中体連で燃え尽きて、おそらくサッカーはやらないだろうとは思っていましたが、
案の定、サッカー以外の部活に決めてきました。

まさかの。。。。。

剣道部!!!

本当は弓道部に入りたかったんですが、息子の高校には弓道部がなく、
友達に誘われた剣道に興味を持ち。。。


お金、かかっちゃいました。。。
えぇ、ものすごく。

でも、なんか以前と違うんです。
『ボールと友達』になれなかった息子が、『竹刀と友達』になってる!
入部して1週間、毎日帰宅後に素振りの自主練してる!

高校で初心者は一人だけ。
まだ胴着もないので本格的な練習にはもちろん参加できない。
高校3年間で試合に出られるようになるのかもわからない。
それでも、「楽しくて仕方ない」と言うんです。

基礎をしっかりやるために、友達の通う道場にも一緒に連れて行ってもらう予定。

息子のきらきらした笑顔が、最近とってもまぶしくて嬉しい母なのでした。
スポンサーサイト



牛タン♪
昨日は、娘と二人で富士にある「しおや」という牛タンレストランに行ってきました。
息子は塾のため行けず。。。
最近は子供たちも忙しくなり、3人そろって出かけることがなくなりました。ちと淋しいな。。。

それはとにかく、牛タンレストラン。
門構えはちょっと高そうな店って感じなのですが、牛タン定食1180円です!安い!
娘の食べたタンシチューは680円。安っ!
そしておいしい。柔らかくって
わさび塩っていうのをかけて食べるんですが、これがいい感じでした。
麦飯もとろろも、どちらかというと女性向きな感じ?脂っこくないし量もちょうどよく、満足でした。


__ (2)


食事しながら、久しぶりに娘とゆっくり会話。
1年つきあっていた彼とちょっとお別れしちゃって、その日はベッドでずっと泣いてた娘。
そのあと、あまりその話題に触れていたなかったので、娘に心境を聞いてみました。
高校生なのに、冷静に受け止めてた。
別れても、今の自分の生活は変わらない。自分は高校出たら静岡に戻るつもりはないし、彼はずっと地元に残るだろうから、そのことを考えればこれでよかったんじゃないかって。
なんか、安心した。

こうしてゆっくり話せる時間は、貴重でした。


帰りに、イオンに行き、マックとサーティーワンを息子のおみやげに!
今度は息子と出かけよう。
食べるということ
息子は、食べることにあまり興味を示さない。なんなら食べたくないらしい。

私や、娘はグルメ番組とか好きなんだけど、息子はちっとも反応しない。

拒食症なのか?
「ご飯だよ」と言われると気分が悪くなったりするみたい。

なぜかなぁって思う。前に息子と話をしたとき、おばあちゃんの、つまり私の母の作るご飯がおいしくないと言ってた。その上、ガミガミ怒られるから、食事が楽しくないと。。。


確かに、昔から母は料理があまり得意ではない。
だいたいいつもしょっぱい野菜炒め。塩分が濃すぎておいしくない。
仕方なく料理してるのか、雑すぎる。


確かにね、母が離婚するまで、おそらく父は、食事を楽しそうに食べたことがなかったかもしれない。「おいしい」なんて言ったことない。そんなだから、母も料理することに喜びを見出せなかったのかも。

料理は、作る人が楽しんで、食べる人が喜んでくれる、それでなければ美味しくはならない気がする。
どうしたら喜んで食べてくれるかなって考えながら心をこめて作る。それが伝わるから、美味しいと感じる。
「美味しいね」って褒めてくれるから、嬉しくなって、もっと美味しいもの食べさせたいってがんばる。

お互いの思いやりがないと、食べることは決して幸せには繋がらない。
そんな気がします。

母がそのことをわかってくれたらいいな。息子が、作ってくれるおばあちゃんに「ありがとう」って思ってくれたらいいな。

とりあえず、休みの日くらいは、私が思いを込めて料理しよう。

食事って楽しいって、息子に感じとってもらえるように。
お疲れ!
息子の9年間のサッカー生活が、終わりました。

準決勝 敗退
結局、息子の最後の試合をこの目で見届けることはできませんでした。
母としての後悔は残るけれど、息子本人は、すっきりした様子。

やっと終わったって安堵感か、達成感か。

夜、仲間達と打ち上げで焼肉に。
彼らの笑顔が、全ての答えかな。


昔の写真、見返してました。サッカー始めたころからの写真なつかしい。

CIMG0053.jpg
まだルールもよくわかってない小2の頃。めちゃくちゃ寒そう。。。


dsc_0030.jpg
これは小3の頃、ちびだったし、ボール怖かったんだねぇ。。。

DSC_0197.jpg
めったに試合に出してもらえなかった高学年のころ。母と息子で試練だったね。


そして今。。。



画像 199



画像 257
それなりに、サッカー選手に見える(笑)
表情も自信に満ち溢れてる。

成長したよな。。。なんか、嬉しい。
息子も、私も、ひとまずお疲れ様。








願えば叶う
明日は中体連決勝トーナメントの日。

小1からサッカーを始めて9年間の、息子のひとつの区切りにもなる大事な日。
この目に、しっかりと、焼き付けておこうと楽しみにしていたのに。。。

「土曜日会議があるから出て」と上司の言葉。
「今週の土曜日は休みの日なんですが。。。」
「でも出て」 「。。。はい」


マジで、泣きそうでした。よりによってこんな大事な日に、会議だなんて。
母としての私が、子供より仕事を選択しなければいけない自分を情けないと思ってしまった。
この日を見逃したら、一生後悔しそうな気がした。


でも。。。
息子ががんばるから、私も自分の責任は果たす。


大丈夫。会議は午前中で終わる予定みたいだから、午前中の準決勝に勝ってくれたら、
午後の決勝は跳んで駆けつけるから。
だから、お願い、準決勝で終わってしまわないで。
奇跡を起こせる子供たちだから、明日もきっとサプライズが起きるはず。
それを信じて、母もがんばる!


9年間、楽しいことばっかりじゃなかった。
最初は友達がやってるからって軽いノリで始めたサッカー。
運動神経がずば抜けていいわけじゃなかったから、
ポジションはいつも「センターベンチ」
6年の東部大会のとき、6年生で一人だけ、一度も試合に出られなかった。
あの日、帰りの車の中でひざを抱えて、「もうやめようかな」って初めてつぶやいた。
私は、何も言ってあげられなくて、ただ抱きしめるしかなかった。
あのとき、もうやめてもいいよって思ったけど、
息子はやっぱりあきらめなかった。逃げずにいてくれて、本当によかった。

昔からの、低いハードル設定は相変わらずだけど、
息子なりにがんばってきたこの9年は、絶対に無駄じゃない。
ひざを抱えて泣いてたあの日の自分を、勇気づける気持ちで、がんばってほしいなと思う。
「よくがんばったね」って自分をほめてあげられるような、後悔のない試合にしてほしいと思う。

勝っても負けても、晴れ晴れとした気持ちで、サッカーにさよならできますように。

プロフィール

alani21

Author:alani21
alani、ハワイ語で「オレンジ」という意味。
明るくてあったかいオレンジ色のような人になりたくて。

静岡県富士宮市在住。

東京の専門に通う娘と
高3の息子のお母さん。

長らく更新サボってましたがまたぼちぼちと。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター